冷凍食品

【コストコ】冷凍餃子で羽根つきに仕上げる焼き方教えます

以前購入したものの中から「コストコ 餃子計画の冷凍餃子」を紹介します。

こちらの餃子はコストコでも人気の冷凍餃子です。

一から作るのは手間がかかりますが、餃子計画さんの冷凍餃子なら忙しい方も手軽に食べられます。

5/2に購入したもの↓

www.costco-usagi.com

【コストコ】冷凍餃子の紹介

f:id:triplecoe:20190527132104j:plain

餃子計画 生餃子 50個入り 748円(税込)1個あたり約15円

原材料名

野菜(キャベツ(国産)、玉ねぎ(国産)、にんにく(国産)、ニラ(国産)、生姜(国産))、豚肉(国産)、ラード、ゴマ油、味噌、落花生油、カキ油、醤油、食塩、鶏ガラスープ、灰持酒、砂糖、魚醤、香辛料

皮(小麦粉、澱粉、ビール酵母、植物油脂、食塩、コーンシロップ、小麦たん白、食物繊維)、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、乳酸Na、加工澱粉、トレハロース、酵素(原材料の一部に乳成分、大豆、りんごを含む)

野菜やお肉も国産を使っていて安心できますね。

一部気になったのは「灰持酒」。初めて見る名前です。

wikiってみると、あくもちざけ・あくもちしゅと呼ぶそうです。

醸造したもろみに灰を混入させる、日本酒の一種である。

酒の成分であるアミノ酸と糖のアミノカルボニル反応を促進して次第に赤みを帯び、独特の風味も醸し出される。なお灰は、加えた後清酒と同様に絞るので残らない。

引用元:灰持酒 – Wikipedia

雰囲気だけで美味しそう(*’▽’)

こちらの餃子は「マツコの知らない世界」でも紹介されたので、コストコの会員じゃなくても目にした方もいらっしゃるかもしれません。

餃子計画は平成11年に設立された会社ですが、もとは昭和46年に大阪で中華料理店として開店したのがルーツのようです。

そんな餃子一筋な会社が作る餃子ですから美味しくない訳がない!ということで早速レビューしていきますよ。

コストコ【餃子計画】通常の焼き方

 

裏面を読むと、焼き方が記載されています。

<焼き方>

①フライパンをよくあたため油をひき餃子を冷凍のまま並べます。

②中火にして餃子の下から1/3程度水を入れ、フタをし蒸し焼きにします。

※水が少なすぎますと、餃子の中に火が通ってしまわない内に、底が焦げてしまいますのでご注意ください。

③水分がなくなるまで蒸し焼きにします(4~5分程度)。水がなくなりましたらフタを取り、中火で水気をとばします。

※加熱しすぎはこげつきの原因になりますので、火加減に充分ご注意ください。

④餃子の裏にこんがり焼き目がついたら出来上がり。焼き上がりの前にごま油を数滴たらすと風味が増します。

 

これでも十分美味しい餃子ができあがると思いますが、何か足りないと思いませんか?

そうです!羽根!羽根が足りないよ~。

という訳で、このコストコの冷凍餃子を使って『羽根つき餃子』の焼き方を教えたいと思います。

パリパリの羽根つき餃子に仕上げる焼き方

 

①フライパンに油をひいて十分に熱します。

IHの家庭も多いと思いますが、餃子はガスで焼いたほうが断然美味しいです。

カセットコンロがある方は、火の取り扱いに注意して可能ならガスで焼いてみてください。

f:id:triplecoe:20190527130942j:plain

※外の皮をパリっとしたい方は余熱を十分にしてくださいね。

すぐに焼き始めると皮がふにゃんとします。

②水溶き小麦粉を作る

小麦粉大さじ1 に対して水200mlを小麦粉がダマにならないように混ぜ合わせる

この水溶き小麦粉が焼いた時に羽根になるのですが、世の中では「片栗粉派」と「小麦粉派」と派閥がありますが、私は断然小麦粉派です!

③火を中火にして餃子を並べたら、水溶き小麦粉を餃子の下から1/3程度入れます。

そしてすぐに蓋をしてください。

4~5分程して水分が残りわずかな状態になったら蓋を外します。

f:id:triplecoe:20190527130940j:plain

④ゴマ油を餃子の周りと間にサーと垂らします。

⑤強火にして一気に焼き目をつけていきます。途中フライ返しで焦げていなかチェックしていい焼き色がついたら一度ひっくり返します。

f:id:triplecoe:20190527130938j:plain

⑥すぐにお皿に乗せてもいいですし、反対の皮も少し焼いてもいいです。

私は皮はパリッとしているほうが好きなので、反対の面も少し焼きます。

これで美味しい羽根つき餃子が完成です。

餃子計画の餃子は冷凍のものだと気付くか?

f:id:triplecoe:20190527130936j:plain

パリッパリ♪

味ですが、冷凍とは思えない美味しさだと思います。

一番驚いた点は、箸を入れると肉汁がじわーと溢れてくることです。

にんにくの味はそこまで強くないので子供も食べやすいです。

ただ、これを出された時に全く冷凍と気付かないかと言われたら、分かる人は分かりますね(;´∀`)

残念ながら手作りの餃子と冷凍餃子の間には、まだ高い壁があると思います。

色々な冷凍餃子を食べてきましたが、ぶっちゃけ自分で作る餃子のほうがやはり美味しいです。

ですが!

手作り餃子は野菜を刻んだり、皮に包んだりと手間がかかります。

その為、「今、餃子が食べたい!」や「餃子食べたいけど包みたくない!」という時に冷凍餃子は救世主的な存在となります。

手作り餃子より味が落ちるからと言って買わない理由にはならないのです。

f:id:triplecoe:20190527130953j:plain

【コストコ】餃子計画VS味の素

 

ここまで来たら、冷凍餃子対決をしてみたくなり、同時に味の素の冷凍餃子も焼いて食べてみました。

味の素の何がすごいかと言うと、油も水も入れなくても羽根つき餃子ができてしまうところです。羽根の素が餃子と一緒に冷凍されていて、焼くことによって溶け出し最後は羽根になります。

確かに画期的!

どれだけ世の主婦を甘やかす気だ!と言いたくなりますが、まあ水溶き小麦粉ですからね。そんなに技術的にも難しくなさそう(;^ω^)

味比べですが、同時に食べると違いは分かります。

はい(^^)/私は餃子計画さんの味のほうが好きです。

特に皮の食感と味がこちらのほうが好みです。

けれど、別の日に出されたら大きさこそ違えど、そんなに差はないのでは?と思いました。味の素さんも昔の冷凍餃子とだいぶ味が変化して、最近のものは美味しいですから。

どちらが美味しいかは、人それぞれ好みの違いで分かれるかなという結論です。

私は餃子計画のほうが好きですが、そこまでの大きな差はないかなと思います。

【コストコ】冷凍餃子は賢く使おう

 

冷凍餃子を使えば、手軽に餃子が食べられる時代になりました。

忙しいお母さん、お父さんには便利な食品の一つです。

ただ、私はやっぱり手作りの餃子が一番好きです。

子どもの頃に母親の手伝いをして、見様見真似で包んだ餃子。母の作る餃子はお店のように綺麗なのに、自分のは皮から具がはみ出ちゃって。

でも、なぜか焼いて食べると同じくらい美味しく感じた記憶があります。

今では私が母となり、娘が皮を包むのを手伝ってくれます。すごくいびつな形に出来上がるけれど、一緒に作ると楽しいんですよね。

「ママのどうしてそんなにキレイなの?」って聞かれて、いつの間に自分は餃子を綺麗に包めるようになったんだろうと、この前ふと思いました。

それは母がいつも手作り餃子を作ってくれたから。

一緒に手伝っていたからです。

冷凍餃子も便利ですし私もよく買いますが、たまには手作り餃子を娘と一緒に作りたいなと思います。

娘が母親になった時に「お母さんの包む餃子はキレイだね」って子供に言われたらきっと嬉しいはずだから。。。

~母と娘の餃子物語より~

と言いながら、bibigoの冷凍餃子も美味しいのでチェックしてみてね👇

www.costco-usagi.com

いつも応援ありがとうございます。本当に励みになっています!

にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ
にほんブログ村